(わる)ネコたちのまったりとした日常


by maosdiary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

いぢわるとその代価

フクは、なるとくんが嫌いです。
なるとくんが我が家に来るまで、フクは我が家のボスでした。
(と、本ネコは思っていたらしい)
が、元ノラボスのなるとくんがいきなり家族になり、
マロンもサバ太もなるとくんと仲良くなってしまったのをみて
ずーーーっと内心おもしろくなかったようです。

我が家に来たばかりの頃は、なるとくんの姿を見ただけで
「ウーシャー」と威嚇をしていました。威張っていました。
当然、なるとくんはフクなんてじゃなかったのですが、
フクは必死で虚勢を張っていたのです。

その割には、なるとくんが気になる存在のようで
なるとくんが背中を見せていると、フンフンとニオイを嗅いで
なるとくんがフクの方を振り向くと、また「ウーシャー」。
なるとくんと近づいただけで、ギプスパンチ(でも、当たらない)。
徹底的になるとくんにいぢわるをしていたのでした。

ところが、先日。

いつものように、フクがなるとくんにギプスパンチをしたところ
なんと、なるとくんが仕返しをしたのです!

私は、その場面を見ていなかったのですが(残念!)、
一部始終を見ていただんなに聞いたところによると
なるとくんに反撃されたフクは、かなり驚いた顔をしていたそうです。
やはり、執拗なフクのいじわるに、温厚ななるとくんも堪忍袋の緒が切れたのでしょう。

情けないフク。

それからというもの、なるとくんに対するフクの態度が変わりました。
仲良くなったワケではないですが、なるとくんの姿を見ても
「ウーシャー」言わなくなりました。
フクは意外とヘタレ小心者だったようです。

もし、なるとくんが気性の荒いネコだったら、流血の惨事になっていたでしょう。
温厚な性格だったので、パンチ一発(それも、かすっただけ)で済んだと思います。

これで、フクも少しは反省したかな・・・と思いますが、どうでしょう?
答えは、フクのみぞ知る。。。です。
[PR]
by maosdiary | 2007-05-28 21:21 | フク

悪臭事件

注)今日の日記は少々キタナイ内容になっています。お食事中の方、申し訳ありません。


我が家は(一応)共働きなので、平日の掃除はモップかけをして
休日にブイーンと掃除機をかけています。
もちろん、掃除機をかけるのは、だんなのお仕事です。
平日も休日もちゃーんと働いていただいております(鬼)

今日もだんながいつものように掃除機をかけている時、
ネコ部屋で突然「ガタッ」という音と、だんなの「コラッ」という声が聞こえてきました。
何事だろう・・・といってみると・・・

水がひっくり返って周りがベタベタ&何やら臭~いニオイが・・・。

犯人は、この方↓
c0124488_20362023.jpg


ではなく、

この方→
c0124488_2164761.jpg


でした。


そうです。マロくんは驚くと、お漏らし(臭腺?)をしてしまうのです。

また、マロくんがイタイケな子猫だったある日、
いたずらをしてだんなに大目玉をくらって、チビッとやってしまいました。
フクはどんなに雷を落とされてもこういう事がなかったので、
だんな&よしのりはかなり驚きました。でも、ネコにはたまーにある事なんですね。

久々にマロくんの臭腺のニオイを嗅いでしまいました(苦笑)

マロンが興奮してあちこち逃げ回るので、部屋中ニオイが充満してしまいました。
何とかつかまえて、お風呂へ・・・。

最近、マロンは怒られても全く動じないくらい図太く強くなりましたが
久々にチビッとしてしまったみたいです。。

他の3匹はマロンの剣幕に、ちょっと引き気味でした。。
フクとサバ太は掃除機が嫌いなので逃げていましたが
なるとくんは平然と猫箱になっていました。さすがなると。

もう、マロンのお漏らしはこりごりです(とほほ)
[PR]
by maosdiary | 2007-05-27 16:28 | マロン

ネコ紹介【なると】

推定生年月日:不詳。よって年齢も不詳(推定8~10歳) ※2009年5月現在
特技:モミモミ
性格:平和主義、泰然自若
チャームポイント:甲高い声、3本足、アイライン
天敵:特になし。男性はちょっとニガテ
性別:元♂
愛称:なるとさん、オレ、お父さん(某所で)
好きなもの:ごはん、よしのり、よしのりの膝の上、女の人

サバ太を保護した近辺で生活していた、元ノラネコのなると。
初めて見た時、かなり驚いたのですが、どこかでご飯をもらっている外ネコかと思っていました。
その後、2度ほど通勤途中の道で出会っていたのですが
忘れもしない去年の夏の終わり頃、交通量の多い車道を渡っているところに遭遇し
慌てて近寄ってみたところ、以前とは別ネコのような姿になっていました。
一言で言えば、ガリガリボロボロの姿でした。
その日は近所のおばさん(いつもご飯をもらっていたらしい)に連れて行かれ
ごはんをもらい、その後また外に出て行ったそうです。

それから毎日通勤の時になるとを探す日々が始まりました。
近所のおばさんの話では、車道を平気で渡るというので
もしかしたら車にひかれていないか・・など、とても心配でした。
また、人相(ネコ相?)が変わるほどの皮膚病を持っていたので
それも心配でした。

話せば長くなりますが、なるとを保護するまで色んな葛藤がありました。
皮膚病(実際には疥癬でした)は治してあげたい。でも、その後どうすればいいのか。
色んな人に相談して、たくさんたくさん悩みました。

結局、動物病院に1ヶ月ほど入院し、疥癬が完治すると
自然と我が家のネコになってしまいました。
今ではフクマロサバ太と何とか仲良くやっています。

ちょっと強面ですが、とても温厚でおとなしい性格のネコです。
よろしくお願いします。


<写真>
上:2006年6月頃の姿
下:2006年11月頃の姿
c0124488_13541873.jpg
c0124488_13544120.jpg

[PR]
by maosdiary | 2007-05-26 14:56 | プロフィール

ネコ紹介【サバ太】

推定生年月日:2003年秋
特技:割り込み、ゴロゴロスリスリ
性格:ネコにも人にも懐っこい、好奇心旺盛、天真爛漫
チャームポイント:クリクリお目目、口のゴムパッキン、アイライン、子猫顔
天敵:特になし。強いて言えば動物病院
性別:元♂
愛称:ボク、ボクちゃん
好きなもの:よしのり、おもちゃ

忘れもしない、2003年12月23日、会社帰りによしのりが道で偶然出会ったネコです。
当時働いていた会社の近くで、まだよちよち歩きのサバ太を最初に発見した時
ネコ風邪で目がぐちゃぐちゃ、鼻水がズルズル、
おまけに右目は白濁して左目は瞬膜が出ている状態で
お世辞にもかわいいとは言えませんでしたが、
このまま放っておいたら死んでしまうと思い緊急保護しました。

その日は暖かかったので、よちよちと歩いていて親ネコとはぐれてしまったのか、
それとも人間に捨てられてしまったのかはわかりませんが
はじめから人間を怖がってはいませんでした。
私が抱き上げて膝の上に乗せると、ゴロゴロ言いながら眠っていました。
その姿を見て、「この子は絶対に幸せにしてあげないと・・」と思いました。

ひとまず風邪と瞬膜が出ている目を治してもらおうと、いつもの動物病院へ。
そこで風邪とノミ・皮膚病が完治するまで、約1ヶ月入院しました。

始めは優しい里親さんを探そうと思っていたのですが、
マロンとは、我が家に来て2時間ほどで一緒に遊ぶようになり
それからとても仲良しになったので、2匹を離すのは忍びないし、
また、私たちも情が移ってしまい、とうとう3匹目のネコになってしまいました。

まだよちよち歩きの時に保護したせいか、
よしのりの事を親と思っているみたいです。
結局、白濁した目は元に戻りませんが
明るくて元気いっぱいのサバ太は、我が家の太陽のような子です。

サバ太という名前は、よしのりがつけたのですが、
日本ネコ顔のサバ太にはピッタリのような気がします(自画自賛?)。
ネコなのに犬みたいな性格のサバ太を、よろしくお願いします!

c0124488_2223120.jpg

[PR]
by maosdiary | 2007-05-21 22:13 | プロフィール

ネコ紹介【マロン】

推定生年月日:2003年夏
特技:逆ギレ、皿洗い(他のネコたちのお皿をキレイになめて掃除すること)
性格:とってもワガママ、ビビリ唯我独尊
チャームポイント:愛らしいお顔、長い尻尾、KYな性格
天敵:掃除機、ほうき、モップなど掃除道具、時々だんな
性別:元♂
愛称:マロくん、マロ
好きなもの:ネコ、ごはん

ある里親募集サイトでよしのりが一目惚れをし、だんなを必死で説得。
そしてある方のご尽力により、晴れて我が家のネコになりました。

ネコのわりにはトロい部類。
ノラネコ(捨てネコ?)時代、食べ物をろくに食べられなかったせいか
(ガリガリの死にそうな状態で保護された経緯があります)
食に対する執着がネコ一倍強く、毎食事の前に他のネコたち(特にフク)をどつきまわす姿は
我が家の名物になっています。

自分が「カワイイ」という事を熟知しているので
ネコにも人にもそのかわいさを前面に出してアピール(小悪魔?)。
そのかわいさにフクがメロメロ(死語?)で、冬は毎年ベッタリとくっついて寝ています。

サバ太(後述)とは同い年なので兄弟のように育ち、
今でも毎日取っ組み合いのケンカごっこをしています。

頭がよいのか悪いのか、意見が分かれますが
部屋のドアを開ける名手です。我が家でドアを開けられるのは、マロンだけ。
多分、ご飯の為なら何でもやる性格の故、ドア開けもできるようになった。
というのが、よしのりの見解です。

ものすごくかわいい顔(親バカ)をしているのに、写真に撮られることが嫌いで
いつもカメラを向けると目を閉じたり、プイッとどこかに行ってしまうので
未だかつてベストショットを撮ることができません。
いつか、かわいく写真が撮れたら、ここに載せます。

ワガママで威張りんぼのマロンですが、よろしくお願いします!
c0124488_20593124.jpg

[PR]
by maosdiary | 2007-05-20 20:59 | プロフィール

ネコ紹介【フク】

推定生年月日:2001年5月頃
特技:瞑想、毛むしり、八つ当たり
性格:お山の大将。傍若無人
チャームポイント:ちょびひげ模様、薄いブルーの目、垂れた腹の肉
天敵:動物病院、獣医さん
性別:元♂
愛称:フクさま
好きなものマロン、狭い所、段ボール箱(小さめがお好み)、よしのりの腹の上、よしのりの枕

子猫の頃、交通事故に遭ってケガをしていたところを優しい人に助けられ
動物病院(今でも我が家のかかりつけ)に預けられました。
左前足が奇形で内側に曲がっていたせいか、ずっと里親が現れず
そのまま動物病院のネコになるか?というところで、だんな(よしのりの夫)の耳に入り
めでたく我が家の飼い猫になりました。

子猫の頃はかなりやんちゃで、
洗濯機の奥に入り込んだり、ステレオとラックの隙間に立てこもったりと
よしのりたちの手を焼いていましたが、マロン(後述)の登場によって
性格がかなり変わりました。

昔から好奇心が旺盛なネコでしたが、今でもその好奇心は健在で
毎日、家の中のパトロール&見張りは欠かせません。
ただ見てるだけですが・・・(笑)

2歳まで人間と一緒だったせいか、自分の事をネコと思っていないようで
よしのりたちと同類だと確信しているみたいです。
マロンが大好きで大好きで、目の中に入れても痛くないくらいかわいがっています。

シャムネコの血が入っているのか、青い目と変わったブチ模様が特徴です。
また、家族以外の人間には、全く触らせようとしないところも、シャムっぽい感じです。
夏になると仰向けに寝るので、それが我が家の名物になっています。

こんなフクですが、よろしくお願いします。

c0124488_1963568.jpg
[PR]
by maosdiary | 2007-05-20 19:23 | プロフィール

ブログ名の由来

「フク&マロサバ+なると」というのは
我が家のネコたちの名前です。
以前は「フク&マロサバ」というHPを持っていたのですが
色々ワケあって、現在は開店休業中の状態です。
サイト管理って、時々メンテをやったりコンテンツを考えたり
やり始めると楽しいのですが、色々大変な事もあったりで
ぐうたらな私にはあまり合わないような気がしていました。

また、ごく少ない読者の方から「更新はまだ?」と聞かれたりで
少なからずストレス(?)にもなっていたりしたので
思い切ってHPではなく、ブログという形にしようという考えに達しました。

我が家のネコたちは、みなそれぞれ違う場所で保護され
縁あって我が家にやってきました。
4匹いるネコたちのうち、3匹は何らかのハンデがあります。
ハンデとはいっても、ごく軽度なのでそれほど世話は大変ではありません。
みな毎日楽しく生活しているようです。
そういうネコたちの生活を、これからご紹介できたらと思います。
[PR]
by maosdiary | 2007-05-17 21:30 | ごあいさつ

はじめまして

フク&マロサバ+なると」を始めることになりました
よしのり(仮名)と申します。
このブログでは、我が家の(わる)ネコたちの日常を
紹介していきたいと思います。写真も時々載せます。
できたら毎日アップしたいのですが
根がぐうたらな性格なので、どうなるかわかりませんが
よろしくお願いいたします。

しばらくは、以前、某所でブログを書いていたときのものを載せる予定です。

それでは、フク&マロサバ+なるとを末永くよろしくお願いいたします。
[PR]
by maosdiary | 2007-05-16 20:09 | ごあいさつ