(わる)ネコたちのまったりとした日常


by maosdiary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:サバ太( 3 )

子猫

まさやんさんのブログのちびをくんの写真を見て
そういえばサバ太もこのくらいの時に保護したなー・・・と、懐かしくなりました。

サバ太は保護した当時ネコ風邪や耳ダニなどでボロボロだったので
先住のフクとマロンにうつったらいけないと思い、1ヶ月病院に入院させてました。
その時は、サバ太の白濁している目は完全に見えないと思っていて
場合によっては摘出しなくてはいけないかもしれない・・という状態だったので
無事退院しても、里子に出せるかどうか先行き不透明でした。

病院から1ヶ月ぶりに我が家に連れ帰ったサバ太は
気をつけないとつぶしてしまうんじゃないか・・と思うくらい小さかったです。
マロンとすぐに仲良くなって、毎日一緒に遊ぶ二匹を見て
引き離すのはかわいそうだ・・という事で、めでたくサバ太は家族になりました。

・・・・・あれから3年。
サバ太の子猫時代はあっという間に過ぎ去りました。
今でも当時の写真を見て、あどけない子猫だったサバ太を思い出しています。


*******************************

かわいい子猫時代は一瞬で過ぎ去ってしまいます。
まさやんさんが保護している「ちびを」クン。
里親様大募集中でございます。
詳しくは、バナーをクリック!!!
かわいい写真も増えてます!きっとちびをクンにメロメロ(死語?)になること間違いナシです!
よろしくお願いします!

c0124488_21353535.gif

[PR]
by maosdiary | 2007-10-11 21:31 | サバ太

サバ太記念日

昨日からよしのりたちが住む地域も大雪です。
今朝も起きたら一面雪景色でした。
こういう日は、我が家のお気楽ネコたちを連れて
雪道の散歩をしてみたいのですが、夢のまた夢の話でしょう(苦笑)
真っ白な雪の中のネコたちの足跡・・。何かステキだと思うのですが。

2年前の今日、よしのりとサバ太の劇的な出会いがありました。
前にも何度か書いているのですが、サバ太との出会いは会社帰りの路上でした。
見つけた時は体はガリガリ、片眼がドロドロ、風邪を引いたのか鼻水も出ていました。
一瞬、心の中で「ひゃー!どうしよう・・・」と思ったのですが
寒空の中、小さな小さな子猫を路上に置き去りにすることもできず
また、膝にのせると安心したのか小さな声でゴロゴロと言いながら
寝てしまったサバ太がとてもかわいくて大切に家に連れて帰りました。
今後のことは、この子の風邪が治ってからにしよう・・と考えながら

家には2日前にやって来たマロンと、マロンにまだ慣れていないフクがいるので
2匹に見つからないようにそっと隔離部屋に連れて行きました。
まずご飯を食べさせたところ、食べる食べる・・・。
よっぽどお腹がすいていたんでしょうね。見ていて切なくなりました。
トイレもちゃんと猫トイレですることができたので、
もしかしたら飼われていた子かな?と思いました。

それから動物病院へ連れて行き、風邪などの治療のため
1ヶ月あまり入院することになりました。
まだその時は、サバ太に里親さんを探すつもりでいたのですが、
一緒に暮らしているうちに、だんなもよしのりもフクもマロンも
サバ太に情が移ってしまい我が家の子になってしまいました。

あれから2年。
[PR]
by maosdiary | 2005-12-23 22:22 | サバ太

サバ太とファー

よしのりは今冬、念願のファーバッグを手に入れました!
もちろんリアルファーではなく、フェイクです。(念のため)

先日、その(自慢の)バッグを持ってでかけようと
猫たちがいる所で出かける準備をしていました。
と、そこへいつも好奇心旺盛のサバ太がやって来て、バッグのニオイを嗅ぎ始めました。
サバ太は真新しいモノがあるとすぐにニオイを嗅いだり、囓ったりするのですが
今回も興味津々な顔をして、バッグの周りをウロウロしてました。

そこまではいいのですが、よしのりが少し目を離した時、
バッグの方から「ジャリジャリ」という音が聞こえてきました。
ちょっとイヤ~な予感がして、バッグを見に行くと・・・
サバ太がバッグをなめて毛繕いをしていました・・・(涙)

サバ太はフクのように毛をむしるクセはないので安心ですが
それでもお気に入りのバッグにネコの唾液臭がつくと思い
急いでサバ太を引き離しました。サバ太はちょっと不満そうでした(苦笑)

それから数日後、今度はよしのりのダウンコートのフードについているファー
(コレはリアルファーです。ごめんなさい!!ダウンコートについていたのです・・・←言い訳)
を素早く見つけ、なんとそれにかぶりついて「ウ~」と唸っていたのです!!
どうやらサバ太はフードについているファーを獲物と勘違いしたようです。
以前、だんなのニットについていたラビットファーが、
誰かに引きちぎられるという事件があったのですが、どうやら犯猫はサバ太のようです。

これからは、大切なモノの管理はしっかりしなくてはいけないな・・と思ったよしのりでした。
[PR]
by maosdiary | 2005-12-18 22:19 | サバ太