(わる)ネコたちのまったりとした日常


by maosdiary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:マロン( 5 )

7月!!!

今年もやってまいりました。
私&マロンの誕生月が(マロンは推定ですが・・・)。

私の年齢は置いておいて、マロンは6歳になりました!
普段の生活態度などを見てると、とても6歳とは思えませんが
ガリガリで今にも命の灯が消えそうだった保護当初と比べたら
見違えるくらい健康になりました。

これからも、その傍若無人ぶりを発揮して
元気で長生きしてもらいたいなーと思います。
そのためには、やっぱりダイエットか?!

本邦初公開?
マロンの保護当初&我が家に来る直前の写真です。

☆保護当初☆
こんなにガリガリボロボロだったんです(´Д⊂
c0124488_16205254.jpg


☆我が家に来る直前☆
里親希望さんがかなりいたそうです。
今見てもホントにかわいい(ノ´∀`*)
c0124488_16214735.jpg


関係ないけど私&マロンの誕生日プレゼントは、いつでも受付中です!!!


*********************************************
只今、里親さま絶賛募集中です!

☆関西から、とってもかわいいちびをさん☆

ちびをさん募集サイト:
http://chibiwobehappy.web.fc2.com/chibiwobosyuu3.html
c0124488_18515149.gif

☆愛知県からの募集です☆
c0124488_13154063.gif

大学猫:http://nap.babymilk.jp/daigaku.fpage.top.htm

よろしくお願いします!
[PR]
by maosdiary | 2009-07-01 16:21 | マロン

マロくん、5歳

マロンの正確な誕生日はわかりませんが、
保護された時の推定月齢から逆算すると
このくらいの時期に生まれたと考えられます。

子猫の頃は、必要以上の苦労をしてきたのか
今でも食事前になると他のネコたち(特にフク)を
どつきまわすという迷惑行為をしていますが
それ以外は何の心配もなく、ぬくぬくぐうたらな生活をしています。

でも、迷惑行為のマロンはちょっと困りものですが
安心した格好で寝ている姿を見ると、幸せになってよかったなー
(果たして、ホントに幸せかどうかはわかりませんが・・・)
と思わずにはいられません。
マロンを保護してくださった方、本当にありがとうございました。。

実は、マロンは心の底から人間を信用してはいません。
昔、よっぽど怖い目にあったのでしょう。
いつかマロンがフクサバなるとのように
人間を100%信用してくれたらいいな・・と思っています。
[PR]
by maosdiary | 2008-06-30 22:03 | マロン

わがまマロン

マロンはわがままです。
ネコはワガママで気ままな生き物ですが、マロンは筋金入りのワガママネコです。
もしかしたら、私の育て方(飼い方?)が悪いのでは?と思われるかもしれませんが
どうやら持って生まれた性格のようです。
もしかしたらこの性格が原因で捨てられたかも・・・

どんな感じかと言うと、
・だんなが部屋に入っただけで「シャーッ」
・気に入らないことがあると「シャーッ」
・悪さをした後怒られてもいないのに、だんなの顔を見て「シャーッ」
・虫の居所が悪いと「シャーッ」
・自分が甘えたい時にかまってもらえないと「ウー」

などなどです。

サバ太もなるとも全くと言っていいほど怒らないので
マロンだけどうしてこうなのか・・と、毎回思ってしまいます。

だんなは、ご飯前にマロンの両前足をつかんで
わざと怒らせてますが、これは100000%だんなに非があるので
マロンのワガママには入りません。


昨夜のマロンのワガママは、今までにないワガママでした。
どんな事があったかというと・・・

いつも夜はサバ太となるとが私のお腹の上、
フクは私の枕の横、そしてマロンはお気に入りのネコソファ(と我が家では呼んでいる)
の上で寝ているのですが、
昨日はサバ太がマロンのお気に入りの場所で眠り込んでしまい
マロンは行く当てもなくウロウロとしていました。
そろそろ本気で眠くなってきたのか、マロンがいつのもようにネコソファの方に行きました。
が、そこには爆睡をしているサバ太が・・・。
その姿を見たマロンは、自分もネコソファに上ってサバ太を追い出そうとしますが
寝ているところを邪魔されたサバ太は抵抗して、マロンに反撃。
それでもあきらめないマロンはしつこくサバ太を追い出しに。

結局、それが「ニャー」「ギャー」と数分続いたのですが
マロンのサバ太追い出し作戦は失敗に終わったのでした・・・。
それからのマロン、おもしろくないのか暫く「うるるーうるるー」と独り言をブツブツ言いながら
部屋の中をウロウロして、「こらー!」と怒られてしまいました。

また、それでおもしろくなかったのか、脱力爆睡中のなるとにちょっかいを出して
なるとからも怒られていました(爆)

マロンには、もう少し社会性というか協調性を身につけてもらいたいと思っているのですが、
家の中だけで生息しているネコなので難しいでしょうね。。
フクにも同じ事を思うのですが、フクは自分をネコだと思っていないので
これまた難しいかと思います。

とってもワガママなマロンですが、やっぱりかわいいので許してしまう甘い私です。
[PR]
by maosdiary | 2007-07-26 22:46 | マロン

悪臭事件

注)今日の日記は少々キタナイ内容になっています。お食事中の方、申し訳ありません。


我が家は(一応)共働きなので、平日の掃除はモップかけをして
休日にブイーンと掃除機をかけています。
もちろん、掃除機をかけるのは、だんなのお仕事です。
平日も休日もちゃーんと働いていただいております(鬼)

今日もだんながいつものように掃除機をかけている時、
ネコ部屋で突然「ガタッ」という音と、だんなの「コラッ」という声が聞こえてきました。
何事だろう・・・といってみると・・・

水がひっくり返って周りがベタベタ&何やら臭~いニオイが・・・。

犯人は、この方↓
c0124488_20362023.jpg


ではなく、

この方→
c0124488_2164761.jpg


でした。


そうです。マロくんは驚くと、お漏らし(臭腺?)をしてしまうのです。

また、マロくんがイタイケな子猫だったある日、
いたずらをしてだんなに大目玉をくらって、チビッとやってしまいました。
フクはどんなに雷を落とされてもこういう事がなかったので、
だんな&よしのりはかなり驚きました。でも、ネコにはたまーにある事なんですね。

久々にマロくんの臭腺のニオイを嗅いでしまいました(苦笑)

マロンが興奮してあちこち逃げ回るので、部屋中ニオイが充満してしまいました。
何とかつかまえて、お風呂へ・・・。

最近、マロンは怒られても全く動じないくらい図太く強くなりましたが
久々にチビッとしてしまったみたいです。。

他の3匹はマロンの剣幕に、ちょっと引き気味でした。。
フクとサバ太は掃除機が嫌いなので逃げていましたが
なるとくんは平然と猫箱になっていました。さすがなると。

もう、マロンのお漏らしはこりごりです(とほほ)
[PR]
by maosdiary | 2007-05-27 16:28 | マロン

マロン2周年!!

2年前の今日、マロンは遠路はるばる我が家にやって来ました。
マロンの里親募集は関西圏のみで、本当はそこより遠い我が家は
対象外となっていたのですが、縁あってめでたくフクの弟分となりました。

初めて我が家に来たマロンは、里親募集の写真よりも大人びて見えました。
お外で辛い目に遭ってきたので、子猫らしい面影がなくなってしまったのかもしれません。
始めの数日は、部屋の隅においてあるテーブルの下にもぐりこんでしまい
ご飯とお水とトイレ以外は、お尻を向けて固まっていました。
(こんな状況でも、マロンはご飯とトイレは欠かさなかったんですね・・・)

なかなか心を開いてくれないマロンを見て、これから仲良くやっていけるのかな・・
と心配になったこともありましたが、ご飯で釣って徐々に仲良くなっていけました。
が、どことなく悲しい表情を見ると、なんともいえない気持ちになってしまいました。

フクとも、我が家に来て何日目かにやっと仲良くなれました。
初めは「ヘンなモノが来た!(驚)」という感じでフクはマロンを受け入れませんでしたが、
何となく気になる存在としてフクの目には映っていたようです。

今ではフクはマロンなしでは生きていけない感じですが、
初めはもしかしたらフクがマロンをいじめるのでは・・と、とても心配したものでした。

そんなマロン、2年前も今も変わらないことは、怒られると逆ギレをするということでしょうか。
以前は、逆ギレにおもらしまで加わっていたのですが、今はおもらしはなくなりました。
(お食事中の方、すいません)

我が家に来た当初は、あまり積極的に自己主張をしなかったマロンですが、
今ではよしのりの枕を略奪するまでになりました。
自己主張も、自分が甘えたいときにやってきて甘えるようになりました。

今ではすっかり我が家のぬしとなったマロンですが、
未だに家族以外の人が来ると、跡形もなく姿を消してしまいます。
かわいいお顔なので、色んな方に見ていただきたいのですが
マロンの心の傷はこれからも先、ずっと消えそうにはないでしょう。

マロンは今日もよしのりの枕を略奪し、台所に立ち入って雷を落とされました。
たとえ家族以外に姿を見せなくても、毎日元気にしています。
これからもマロンの元気な様子と写真をここでお伝えしたいと思っています。
[PR]
by maosdiary | 2005-12-21 22:21 | マロン